妖館のすみっこ

変人とモン娘どもが、ゆる~く適当に書き散らしている所

ばれんたいん

MEMO:

「こいつら誰?」って人は、先に「懸賞の景品は・・・」と、続編の「…の後日談」を読んでください。

バレンタインねた。
大丈夫だよ、只のダダ甘姉妹話だからw。




 TELLL、TELLL…ガチャ、「はい。」
 「弘美ちゃん、今ヒマ?」
 「何だ、姉貴か、ヒマだけど何の用?」
 「今からそっちに行くから。」ガチャン、ツーツーツー…
 ……今度は、何の格好させる気だ。まさか、裸に赤リボンを巻いて「私をあげる」か?
 そんなの冗談じゃないぞ。でも、逃走すると後が怖いからなぁ…

 あ、一度だけ逃走したんだよ。そしたら…年末に巨大のこぎりのオブジェがある所に強制連行されて、
そこでフェ〇シアの格好をさせられて、(寒空の)広場に一日置いてけぼりをさせられたんだよなぁ…
って、誰に向かって話しているんだろう?


 ピンポーン、ガチャ、「弘美ちゃん居るよね、逃げてないよね。」
 「逃げちゃいないから、姉貴。で、何の用?」
 (ちっちゃな赤い箱を出して)「はい、これ。」
 「は?」
 「『は?』じゃないでしょ。今日は2月14日だからチョコよ。」
 (……あの姉貴が、何かくれるなんて、すごく怪しい。)
 「あ、大丈夫よ。本命に逃げられて用無しになったとか、義理の余りとかじゃないから。」
 (本命が逃げ出すのはありえるよな…姉貴の場合。だからって、拒否するとアレだろうしな。)
 「買ってきたの?」
 「ちがうわよ、弘美ちゃんのために、わざわざ作ったのよ。」
 (何か怪しいけど、料理の腕前は確かだから、別に変な物は入れてないはず…食べちゃっても平気だよな)
 「あ、ありがとう。開けてもいい?」
 「いいわよ。で、今、食べちゃってもいいから。」


 ――食後

 「ごちそうさまでした。」
 「どういたしまして。普通のチョコだったでしょ。」
 「うん。」(あれ?)「姉貴…何か熱くなってきたけど?」
 「え?そう?こっちは、ちょっと寒いくらいなんだけど?」
 「……なんか、ぷわぷわしてきもちいいにゃ。みみだひちゃえ。」
 「弘美ちゃん、大丈夫?何かふらふらしてきているんだけど?」
 「だいじょうぶれひゅ。でも、おねえさまずるい…」
 「は?(あれ?今、『おねえさま』って言わなかったかしら?)」
 「だって、しゅごくわたひより、いろっぽいんだもの。くやひいから、きすしひゃえ…」


  ちゅっ(どこにしたのかは、ひ・み・つ


 (……あーこのまま流されていたいけど、色々事情があるから…)「弘美ちゃん。」
 「ふぁぃ?」
 (みぞおちに一発!)どご! きゅ~~~~~バタン。
 「(思い切り棒読みで)あれ?おーい、弘美ちゃん?寝ちゃったの。」
 「まー、なんとも無防備でかわいい寝顔だこと……しょうが無いわねぇ、
  今日はお姉さまが泊まって進ぜよう。感謝しなさいよ。」


 ――翌日

 「姉貴~、おはよう。」
 「あ、起きたわね。朝食出来てるから。」
 「ありがと。で、二つ聞きたいんだけど?」
 「何?」
 「一つ目、昨日のチョコ、お酒入れた?」
 「酒類は全然入れて無いけど。」
 「そっか。二つ目は、食後から記憶が飛んでるんだけど、何か問題起こさなかった?」
 「別に…でもないか、弘美ちゃん、すぐ寝ちゃうんだもん。お姉ちゃん、つまんなかったわ。」
 「……。どーせ、裸にして、リボンでも巻いたんだろ。」
 「ふ~ん。」
 「何だよ。」
 「そんな事して欲しいんだ。じゃ、今度は、それで…

 (ごめんね、弘美ちゃん。実はあのチョコ、確かに酒類は入れてないけど、マタタビの粉入りだったの。
  それにしても、作者からストップが掛からなかったら、色々指導してあげようとおもってたのに~~~)


ざれごと

 -不完全版掲載時-
  久々の「弘美ちゃん&祐子さん」ですが……性格忘れてます(滅)
  ちなみに、妖館(世界)には、「バレンタイン(+雛祭り+ホワイトデー)」なんてのは、ありませーん。
  #というか、ファンタジー世界に「チョコ」自体が存在しないと思ふけど?

 -追加-
   日記に掲載した当日(2/14)に本文を読み返すと、表現その他がはしょりすぎなので、
  再掲載(笑)を口実に書き足しました…が…

  一時、祐子さんの本性をかなり出しすぎたので、ストップ掛けて消しました(えー)。

2004/02/13 不完全版UP
2004/03/03 加筆修正 終了



・2017年 追加
― 今だから言える話 ―

・祐子の性癖は18禁突入級ガチレズ(タチ)で、これまでに喰ったネコの数は数え切れず。
 でもその娘達とは、今だに友好が続いている。(要は円満関係)

・このシリーズに出てくる弘、弘美、裕子は、全部リアルはぐれのいとこ(※父親の姉の子)の名前からなので、親戚バレ=SAN値直葬だったりする。
 ……今だにバレてないけど。(小声)

関連記事
  1. 2004/02/13(金) 12:00|
  2. 自作 ― 猫耳娘 弘美ちゃんと祐子(姉)さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< - 特別サービス - | ホーム | 少女は如何にして――>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yakatablog.blog98.fc2.com/tb.php/168-af78452b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール(はぐれ)



4x歳・押す
ここの管理人 兼 変人
某所 黒はぐれな人
99%状態なので、良く喋るw

プロフィール(鈴奈)



??歳・召す
適当に文章を書き散らす、へっぽこアマ作家
たまに「ツンデレ」、
たまに「黒魔女れなたん」になる、
よく分かんない奴

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

最終更新 10/07/13

  • ソフトハウス

  •  Cyc オフィシャルウェブサイト
     Lillian

  • 同人サークル

  •  ものくろめたる猫

  • 魔物/人外娘

  •  (愛と勇気の)クロビネガ

ブログ内検索

RSSフィード